年齢を気にする人は自分の可能性を捨てている!?【20代後半はオジサンオバサンじゃない!】

 

あなたは年齢についてどう考えていますか?

(今回は特に20代の方には良く読んで欲しいのです!)

 

日本人に特に多いケースですが、

初対面ですぐに年齢を聞く人がいます。

 

私自身、とても驚いた事があったのですが、

名前を聞かずに、いきなり年齢を聞いてきた方に会った事があります。

「すごく失礼な人だな。」と思った覚えがあります。

 

聞いてどうするのでしょうか?

知ったところで何になるのでしょうか?

 

もちろん、海外の方にも年齢を聞かれることはありますが、

同じ日本人に聞かれるのとは明らかに違いがあることを感じました。

一体何が違うのでしょうか?

 

日本人の場合、

特に女性に多く見られる傾向として、

初対面で「何歳ですか?」と聞かれる事があります。

私はこの質問が実に恐ろしい。

この質問で対応を露骨に変える人が多いからです。

 

「そのパターンっぽいな。」と思った人に、

年齢を言いたくないことを伝えると、

言いたくない理由を聞いたりして探ってきます。

もっとひどい人だと、年齢を当てようとしてきます。

しつこいですし、正直疲れますよね。

 

 

どうして年齢に固執してしまうのでしょうか?

 

理由の1つとして、

自分の年齢と比べて上か下か、どの立場か?

この部分を気にしている、基準にしている人が多いからです。

 

私は基本的に他人に年齢を聞くことはしません。

なぜなら、年齢だけで人を判断できませんし、そもそも分からないからです。

別の話でその人を理解する方がよっぽど有意義です。

 

一方、海外の人の場合

基本的には人の年齢を詮索しません。

聞く事があったとしても、

本当にただの興味本位で聞いてくるだけです。

年齢で相手の価値を決めるような事はありません。

 

実際に私が話した外国人の友達は、

「ただの数字だよ?」

と言っていました。

本当に私に興味があって情報として知りたかっただけのようでした。

 

「10代はまだまだ子供だよ。」

「20代になったんだからもう大人でしょ?」

みたいな会話は日本も世界も共通ですが、

他人の年齢と比べて、

自分がへりくだったり、偉そうにしたりということは、外国人との間ではありませんでした。

 

日本人は、年齢という情報だけで、全てを比較して価値観を決定する傾向があります。

確かに、一種の基準として見る場合もありますが、

時には、他人の知らない能力や個性などを奪ってしまう場合があります。

さらには、自分自身の可能性をも奪ってしまいます。

 

これを助長しているのが、履歴書問題。

他国と比べると非常にわかりやすいですが、

基本的に他国では履歴書やエントリーシートに写真と年齢の欄がありません。

日本にはまだあるということはどういうことかわかりますか?

答えは、

無意識に年齢や容姿の差別が存在しているということです。

 

他国は、年齢で相手の価値を判断するのではなく、その人自身の能力だけしか見ていません。

=何歳でもスキルアップできる環境

 

逆に日本は、年齢である程度判断して、この年代なら扱いやすいかな?と、

こんな感じで人材登用する会社は未だに多く存在します。

=若ければ若いほど良い環境(会社にとって)

 

また、主力メンバーや教育係よりも年上だと、その時点でお断り!なんてこともありますね。

「その人がどんなに有能であっても、年齢が障壁になって、その人に仕事を教えられない!」

という人は実際にたくさんいます。

(余談ですが、上の人を敬うという文化が違う方向に向かった結果なのかな?と思います)

 

日本では年齢にこだわり過ぎてしまった結果、相手の能力や個性・価値などを見ることを放棄してしまった。

年齢で全てを決定するようになった。事が要因です。

 

日本における年齢は、ある程度の判断基準としてかなり重要視されています。

ですが、海外と比べると、無意識の差別が存在しているのでは?と感じることもままあります。

 

こればかりは、一人ひとりの年齢の意識を変えない限り無くなりません。

 

大事なことは、

年齢はただの数字である・情報であるということ。

社会の中では基準値として存在しているに過ぎない。

ということを忘れないこと。

 

 

誰に何を言われようが、自分のやりたいことをやればいいんです。

年齢に縛られていると、本当に人生の選択肢が少なくなって、後で後悔してもしきれないことになります。

 

 

P.S. アラサー文化

25才を超えたあたりから、アラサーと言って意識される方(特に女性)が多いですよね。

アラサーやアラフォーなど、この世な言葉が流行り、現在では誰でも使う言葉に定着しています。

ですが、この言葉…自虐で使う方が多いと感じます。

 

25歳26歳の人が「アラサーだから…」と言うのは???と感じてしまいます。

文字通り、25歳は25歳。30歳は30歳。

それだけです。そこに意味をつけて生きるのは非常にもったいない!

 

アラ〇〇〜という言葉に影響されて、大体の世代でひとまとめにするような事が当たり前になっています。

結果的に、年齢を異常に気にする窮屈な文化が出来上がっています。

いつまでも若くいたいと感じている人が多い日本人ですが、

こんな言葉を使ってしまうので、いつの間にか、20代後半が30代扱い。30代後半が40代扱い。

 

…なんだか矛盾していますね。

その反面、自虐的に使う事で予防線を貼って、

何かの言い訳をしている日本人らしい行動だなぁと思えてしまいます。

 

 

あなたはこのまま年齢にとらわれて周りを気にしながら生き続けますか?

それとも年齢で自分を測らずに、本当に自分がしたい事をしますか?

 

私なら絶対に自分のやりたいことをします。そして最高の人生を送ります。

年齢にこだわったせいで、後悔なんてしたくないですから。

何歳であろうが、早い遅いなんてことはないのです。

 

あなたも自分だけの最高の人生を送りませんか?

 

Writer: RICK

 

 

部下が憧れ慕われる「出来る管理職」になる最短の道〜魅力を引き出す2つの基盤作り〜

 

何事においてもまずは基盤作りが必要です。

逆に基盤さえ作ってしまえば、後は好きなようにデザインするだけです。

 

公式LINE友だち追加もしくは無料会員登録で今すぐ始めませんか?

 

『2つの重要基盤』を参考に、あなたの魅力を最大限に引き出し、

多くの部下が憧れる自分作りに取り掛かりましょう。

 

結果を実感するまでに、そう時間はかからないはずです。

 

1『潜在意識から魅力を引き出す』

こんな人にオススメ
・なりたい管理職像があるのになかなかなれない方
・頑張っているのに結果が伴わない方
・部下から慕われる自分の作り方を知りたい方

 

2『人から慕われるコミュニケーション』

こんな人にオススメ
・部下や上司に自分の思っている事が上手く伝えられない方
・職場の雰囲気を活性化させたい管理職の方
・人脈を広げ、自分の活躍の場を広げたい方

 

いずれかご登録で完全無料でプレゼントします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です