【ワークあり】嫌な記憶(トラウマ)との向き合い方

こんにちはRickです。

 

今回は、過去の嫌な記憶との向き合い方です。

過去の嫌な記憶…あなたにもあると思います。

もちろん僕にもありますし、他の皆さんも持っておられるでしょう。

 

この、過去の嫌な記憶というものは、自己肯定感を下げてしまう要因になります。

じゃあどうすればいいの?

一緒に見ていきましょう。

 

自己肯定感を高めるためには、

ネガティブな過去を無かったことにしたり、引きずったりするのではなく、

出来事そのものを自分で受容することが大切です。

 

もっと言うと、受容して手放す。

釣りで言うところのキャッチ&リリースです。

 

具体的な方法は、

「そんなこともあったなぁ」

と受容するだけです。

これだけで自然に手放す事ができます。

 

もう一つは、

事実と感情を切り離す事です。

これは実際に紙などに書き出して整理していきます。

 

起きた出来事と、その時感じたこと(気持ちや反応)について洗い出していくという事です。

これをすることで、自分の中でうまく消化でき、

「嫌な記憶(トラウマ)」から「ただの記憶」に変換しやすくなります。

 

ワーク

自分の中にある嫌な記憶(トラウマ)を思い出してみましょう。

その際に、感情を抜きにして、ただ起こった出来事だけを思い出しましょう。

それができたら、起きた出来事と、その時感じたことを別々に書き出してください。

(書き出せたら、起きた出来事だけを見てください。

自分の中にあった嫌な出来事も、ただの記憶だったと認識できるはずです。)

※PTSD等、記憶の症状が心の病気のレベルに至っている方は、医師やカウンセラー等、専門のサポートを受けてください。

 

 

Writer: Rick

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です